FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

レンジを決める

トラリピ講座

トラリピを始めてみようの項目ではさらっと流してしまいましたが、何も考えずにポジションを建てるレンジを決めたわけではないのです。

レンジ相場を狙うトラリピでも説明しているように、どのあたりにトラップを仕込むのかを考えることがトラリピを運用していく上で最も大切なことなのです。

そしてこれは感に頼るものではなく、チャートを見てどのあたりを推移しそうなのかを予想しなくてはいけません。

他の自動トレードとの大きな違いがここにあります。

MT4のEAやミラートレーダーのストラテジはどこにポジションを建てるのかまで全て自動で決定してくれますが、トラリピはその最初のポジション建てのポイントを自分で見つけなくては始まらないのです。

では実際に僕がUSD/JPYでどうして97円後半でポジション建てをしたのか、そしてそれは正解だったのかどうかを確認してみましょう。

裁量トレードの知識も必要

まずはチャート画面でUSD/JPYがどのような推移を見せているかを確認するところから始めました。



月足のチャート画面で過去3年間の大まかな推移を確認しています。

極稀に回復の兆しを見せている部分もありますが、後半まではほぼ下がりっぱなしと言っていいチャート画面ですね。

それが2012年10月あたりから一気に回復傾向へと向かっています。

直近の半年間でその前の2年半の下げ幅をほぼ回復しているということがわかります。



もう少しスパンを狭くして週足チャートで過去1年の動きを見てみました。

確かに上昇傾向は見えますが100円にはおそらく手が届かず、近づいたらそれを嫌っている様子が見えますね。



そしてもう少しレンジを絞り込むために、日足チャートを確認しています。

どうも100円ラインは嫌っていそうだ、でも少しずつうかがう様子も見せている、といったところでしょうか。

振れ幅を見る限りでは1日で1円以上の上下を見せているところもありますので、ねらい目としては最適なレンジ相場です。

ここまでは大体読み切れると思いますが、先のことはさすがに見えません。

なので100円を嫌っていて1円程度の上下幅があるラインを狙うとすると、98円あたりが妥当なところでしょうか。

僕のねらい目よりは1円程度上のラインで推移したようです。

全くずれていたかと言えばそんなことはなく、2回程度のリピートは出ているのでそれほど外したレンジでもないといったところですね。

ここまで見るとわかるように、かなり入念な調べが必要で裁量トレードの知識が重要になるのです。

利幅を1円程度に取っておけば大体いいところを狙っていたといえるかもしれませんが、残念ながら50銭の利幅だったのでそれほど大きな成果もなし、でも微妙に惜しいところは狙えていたというのが結論です。

日足チャートを見て利幅を決める

最終的な決定はあなたの感性と読みがものをいいますが、利幅をどの程度取るかについては直近の日足チャートが参考になります。

今のチャートを見て利幅を2円以上とかにすると、1週間以上たってもポジションが決済されないまま保持し続けることになるでしょう。

1円程度の利幅なら2日から1週間以内には決済のチャンスが来る可能性があるといえます。

運任せで大幅な利益を上げることを狙うタイプのFXではないので、着実に決済が取れそうなレンジと利幅を見つけることが重要です。



トラリピ講座トップへ

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る