FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

新年のご挨拶と、今後の円相場の独自分析

 

たろけんです。


明けましておめでとうございます。


旧年中は大変お世話になりました。
皆様の応援のおかげで、当サイトも無事1年を超えることができました。
大変ありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。


無事年も明けたことですし、早速、
直近相場に関する個人的な見解を書いてみたいと思います。

もちろんアナリストのようにゴリゴリに分析したものではありませんが、
当のアナリストでさえ「直近偏向」という認知バイアスが見られたり、
あるいは提灯持ちかと思われる記事があったりと
若干、信用できません(苦笑)

#もしアナリストの方がおられたらスイマセン。
#好き勝手書けない事情があるというのも、分かります。



そこで、政府にも経団連にも全く関係ないたろけんが(笑)
ニュートラルな視点で円相場を分析してみたいと思います。



さて、なぜだか
1ドル100円というのがいろいろなところから聞こえてきますが
個人的には官民で結託した相場誘導(円安の正当化や心理的めど効果を狙った発言)
の色合いが強いと見ています。


例えば日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは「1ドル100円ぐらいが適正。まだ事業にとってマイナス」
と語ったそうですが、これは完全な円安派へのリップサービス。

なぜなら、日産は2012年11月2Q時点で
想定為替レートを1ドル79.7円としており、
現在、そこより7円以上の円安となっていますから
日産にとっては既にかなり嬉しい状態のはずです。


100円でないと利益が出せないというほど
ゴーンさんの経営手腕が貧弱だとも思えませんので、
ほぼ確実にリップサービスでしょう。

というか、自動車メーカーはかなり多くの部分を海外生産しており、
円高耐性は既にかなり高いはずです。


以上は単なる1例に過ぎませんが、
つまり現状の円安は「見せかけ」による部分が大きいと思います。
だから、今後も1本調子の円安トレンドが継続するなどと
安心しないほうが無難でしょう。


もちろん、円安が本当に日本経済「全体」の向上につながるなら
「日本側は」円安を定着させるあらゆる試みがなされる筈です。


ただ、それにはいろいろな障壁があるのも事実で、


・本当に経済が向上するのか?

・経済が向上して、国民の所得が増えるのか?
 この場合、可処分所得の増加でなければ意味がありません。
 所得が増えてもその分税金が増えたら、個人消費は拡大せずに、
 経済は自律的な活性化ができません。

・国債の価格下落(金利上昇)にどう対処するのか?
 経済を向上させて政府歳入が増やし、プライマリーバランスを取らないと、
 財政破綻の思惑を引き寄せてしまいます。

 財政破綻へ向かう場合は円安では?
 と思われると思いますが、そういう円安(暴落)は
 悪性のインフレ(物価の急上昇)を招くため、政府も日銀も阻止する方向のはず。

 安倍さんは気づいてないかもしれませんが、
 物価の安定がミッションの日銀は相当神経をつかっているはずです。

・とはいえ、高齢化ニッポンの社会保障費は増加の一途です。
 社会保障費を下げながら、歳入を増やすのは
 高齢化した大量の有権者の反発を招く恐れがあり、
 安倍さんが政治生命を賭けて決断できる人物かどうかが試されます。

 ここに経済を優先する(資本主義)か、
 社会保障を優先する(社会主義)かの
 古くて新しい問題があります。

・原発稼動停止により、LNGの輸入コストが増大しています。
 円安は輸入コスト上昇のリスクがあり、
 一定以上の円安は貿易赤字を引き起こすとされています。

・為替は2国間の需要と供給と思惑で決まります。
 相場誘導が成功するには、例えばドル円なら、
 ドルの主要国(例えば米国)との通貨戦争という軸で見たときに、
 米国がそれにどう対抗してくるか?
 実際、米、中は円安を警戒し始めています。


などなど、目が離せないポイントが沢山あります。

安倍内閣は「リフレ」というキーワードとご祝儀相場でしのいでいますが、
上記に対する具体的解決策はほとんどありませんので、
今後の展開は予断を許さないはずです。


上で書いたとおり、円安が定着するには
まだまだ越えなくちゃいけない壁が沢山あります。

現在の円安は一定以上の思惑が入っているはずで、
短期的には、円安の調整(利確)があると思います。
もちろん、どこで来るかは分かりませんけどね。


個人的には、新年最初の注目は【外交】だと思っています。


1月の安倍首相の訪米が打診されており、
問題がなければ実現するのではないでしょうか。

基本的には日米の関係修復と中国牽制がメインだと思いますが、
少なくとも事務方レベルで経済面に話が及ぶのは
確実なんじゃないかと思います。


円の独歩安は米中共に警戒していますので、
日本が円安円安と連呼して米国に配慮を見せない態度を取れば
米国が尖閣対応に及び腰を見せるなどの展開も考えられます。


そのあたり、非常に面白い(といったら失礼ですが)
駆け引きが行われるのではないでしょうか。

こうした難しい課題を一つ一つ地道に超えていくことで、
ようやく円安が定着するものと考えています。

もし安倍さんや麻生さんが日銀と結託した金融政策だけで
日本にとって都合の良い円安を定着できるなんて甘い考えを持っているのであれば
早晩その夢は打ち砕かれることでしょう。


さすがにそこまで楽観的ではないことを祈りますが…
(ーAー)


以上、簡単ですが、たろけんの円相場分析でした。

ご参考になりましたら幸いです。


もちろん、投資に当たっては個々人の判断でお願いいたします(笑)


2013年も昨年同様、適度な緊張感をもって
引き続き自動売買にチャレンジしていきたいと思います。


それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

タグ :       

FX動向調査   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

厳選! EA・サービス

実績の長いスキャルパーEA。一度に多数ポジションをとりながら、独自のクローズ(Gomaクローズ)で利益率を向上させている。代表的なロングセラーEAの一つ。国内口座で運用する場合はロットサイズに注意して。

White Bear V3 検証ページ

White Bearシリーズ最新作。White Bear V1/V3最大の弱点であったドローダウンを抑えながら、同等の収益を確保するコンセプトで開発されており、初心者でも扱いやすいEAに仕上がっている。

WhiteBear V1EX 検証ページ

アグレッシブなナンピン系スキャルパーEA。2013年発売以来、堅調なフォワードを見せる。ただしじゃじゃ馬的要素もあるため、運用はポートフォリオを組むことが望ましい。中級者向けEA。

Forex Earth Robot 検証ページ

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る