FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

White Bear V1/V3 の検証まとめ

White Bear V1 検証

Forex White Bear V1/V3 の検証

Forex White Bear V1/V3 をリアルマネーで運用し、検証を続けています。以下から検証結果を御覧ください。タイトルがV1となっていても、V3の検証結果について書いてある記事もあります。



White Bear V1/V3 の検証概要

たろけんが実施している、現在までのリアルマネーのフォワード結果です。以下は2013年4月以降の結果です。



ロジックタイプ 24時間スキャルピング
売買頻度 1日0~5トレード、平均1トレード前後
利食い 6pips(デフォルト)
ストップロス 56pips(デフォルト)
プロフィットファクター 2ちょい程度
 


White Bear V1/V3 を運用してみて感じたことは、「とにかくトレードが少ない!」です。これは僕が検証を始めた2012年11〜12月頃にかけて特にそうだったから、そういう印象を持ってしまったのかも知れません。

が、一般にスキャルピングといえばもっとガツガツした印象があると思います。特に同様のEAである Wallstreet と比較しても利食い幅が小さい(Wall=30pips、White Bear=6pips)ため、Wallstreetよりも沢山トレードしないと、同じぐらいの利益は得られないことになります。

だからといってこのEAがよくないか?というと全然そんなことはなくて、むしろ数少ない健全なEAの一つだと思います。

そもそも、年に百パーセント以上もの利益が出るといった自動売買が、長期的に機能すると考えるほうがおかしいと思わないといけません。だから、そういうリスキーなEAを使っていると、どこかでガツンとやられる可能性が高いわけです。

White Bear V1の利回りは非常に「マイルド」です。1万ドル、0.1ロットでバックテスト時は年利回りが10%程度、ドローダウン3%程度です。その代わり10年バックテストにも平気で耐えます。

例えばこちら。

Forex White Bear V1 10年検証

2000年から2010年までのバックテストですが、とりたてて大きなドローダウンも発生せず、淡々と利益を積み上げていることが分かると思います。

もちろん、フォワードテストの結果からも、同様の傾向があると言えます。


非常に地味ですが、むしろこういうEAこそ、偉大なんです。


欠点があるとすれば、White Bearは最大5から9つのポジションを持ち、それが全敗することがあるということです。通常のドローダウンとして、これは仕方のないことかなと思いますが、普段の成績がいいだけに、連敗したら精神的なダメージも大きいかも知れません。

仮に5連敗しても、全体のドローダウンが想定以上に大きくなければ問題ありません。運用の際には「ドローダウンは想定の範囲内」として淡々と継続するようにしましょう。


Forex White Bear V1/V3 比較評価と特典はこちら

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る