FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

WallStreetの検証(〜2012/03/24):ドローダウンとその後の復活

WallStreet Forex Robotの検証第2回目。

今回も実はまだFX業者バトルを継続しており、いろいろ実験中で、特定の口座でロット数を固定して長期で継続データで…という分析までは出来ていません。ただ、流石にもうそろそろ自分の本格運用口座は固まってきたかな、とは考えています。

ということで、前回に続きpipsで申し訳ないのですが、前回から2ヶ月ぐらい経ったということで、中間報告しておきますね。

WallStreet Forex Robot pips

FX業者バトルの切替期にあり、最初の方が切れていますが、今回の検証期間はWallStreetのドローダウンと回復期だったようです。ざっくりと約1ヶ月程のドローダウンがあり、その後1ヶ月弱で元に戻すという展開でした。

たろけんがWallStreetを検証し始めてから、初めてストップロスにかかるポジションを経験しました。まぁ、逆に言えばそれだけ普段は安定したトレードをするEAとも言えるでしょう。

ちなみに明示的なストップを置かない、ステルスモードで運用しています。それでもきちんとストップしてくれたので、EAとしての安心感はむしろ増した感じです。

これだけだとあまり面白く無いので、別のグラフも掲載しておきますね。

WallStreet Forex Robot シンボル、方向別損益

これは何かと言うと、シンボル(通貨ペアのこと)と、売り買いの方向別に損益を表したものです。

一目瞭然で、EURUSDの売りが一発目の大きなドローダウンを引き起こしたことが分かります。その後、USDJPYの買いもやや大きなドローダウンを発生させていますが、これは2月から始まった急激な円安によるトレンド消滅が原因ではないかと思います。

とまぁ、こんな風に分析することも可能です。

ただ、後講釈でいろいろ理由付けしたところで、あまり意味がない世界というのも事実。あくまでもこうしたデータを長期間記録し、統計データとして分析するのが正しい使い方です。

生データがあればこうした分析も簡単にできるようになりますので、必ず何らかの方法で、トレードデータを記録しておきましょう。

なお、たろけんのデータなら、WallStreet Forex Robotのフルライセンス購入者様に配布していますので、よければそちらも検討してみてください。


WallStreet Forex Robot 検証トップ

WallStreet Forex Robot レビューと特典

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る