FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

WallStreetの検証(~2013/4/22):RecoveryModeを設定

前回の検証WallStreetの検証(~2013/03/19):新しいパラメータの効果から約1か月、記事の中に販売者のコメントを記載したことは覚えていますか?

覚えていないならもう一度見ていただければと思います。

今回は3月20日から販売者のコメントにあったRecoveryModeをtrueに設定してEAの動きを見ています。

さてまずはその結果を見てみましょう。



どうでしょうか。3月下旬まではじわじわと押し上げていった様子が見えますが、4月に入って一気にドローダウンです。

何が原因かと言われれば、北朝鮮関連の問題と中国の地震で相場が意外と大きく動いたあたりでしょうか。

意外とビッグトレンドだった4月上旬の日銀新体制と施策発表でも地道に盛り返していたわけですが、中盤はやられっぱなしのグラフですね。

RecoveryModeはどんな効果があったのか

EA製作者のコメントでは「RecoveryModeオプションを試すことでより速い損失を補償できる可能性があります」となっていますが、グラフを見る限りその効果は実際にでているのかわかりにくいですね。

そもそもRecoveryModeはどのような動きをしているかというと、DDが発生した後のポジション建ての時にロット数を引き上げるという動作をします。

なのでRecoveryModeが動いている間に連続して負けトレードになると、その分DDも大きくなるということなんで、注意が必要です。

今回、DD後にロットサイズが変化するかどうか見ていたんですが、残念ながら僕の検証口座では全然変化がありませんでした。

もしかすると少額口座ではサイズが変化しないのかも知れませんねぇ…。

ということで、RecoveryModeの効果はまだ実感できていません(涙)

販売者の検証口座ではロットサイズが変化しているので、サポートに聞いてみると、確かにRecoveryModeの効果だということだそうです。

このまま検証を続けていって、もう少し長いスパンで様子を見てみようと思います。

WallStreet Forex Robot レビューと豪華特典

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る