FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

Clipperの検証(〜2012/12/18):安倍自民圧勝、円安相場の影響は?

少し間が空いてしまいましたが、8月から12月までのClipperの検証結果です。

この間のビッグイベントとしては、やはり自民圧勝、安倍政権樹立確定です。実際に選挙が行われたのは12/16ですが、事前の評価で自民勝利との観測が流れていたせいで、選挙のかなり前から円安傾向となりました。

選挙翌日の17日に至っては、1ドル84円50銭を上回るドル高、円安となり、8月の77〜78円台からみると約7円程の円安水準となっています。

で、ご多分に漏れず我がClipperもこのトレンドにしっかりと捕まりまして(笑)、現在含み損を併せて以下のようになっています。





実はここまでの含み損を抱えていたもんですから、「検証記事を書くのをやめとこうかな〜」なんて悪いことも一瞬考えたんですがw、やっぱり悪い時もキチンと検証しないとフェアじゃないなと思い、選挙結果確定翌日という、恐らくこの時期で最もボラティリティが高いであろう日に記事を書いています。


実は以前書いたこちらの検証記事

Clipperの検証(〜2012/3/23) 大幅円安と捕まったポジション

と比較すると、現在の評価損(ドローダウン、DD)の方がまだ少ないんです。こちらのドローダウングラフを見れば、一目瞭然でしょう。2月の方が、今の倍ぐらいDDしています。



でも、気分的には今の方がなんだか厳しいな、と感じている人が多いかも知れません。

これは「直近偏向」と呼ばれる認知バイアスの一つで、初歩的なトレーダーがよく陥る過ちです。

喉元過ぎればなんとやらと言いますが、まさにそのことで、人間は過去のことよりも直近のことを重視してしまいます。


このように人間の感覚というのはいい加減ですので、やっぱり長期的に検証を続け、データで把握しないと相場やEAの実力を見誤ってしまうという、良い例ですね。


もう一つ、僕のプライベート口座の様子も載せておきます。



こちらも派手にDDしているように見えますが、実際のDD率は上と同じぐらいです。

2月のDDよりも大きいのは、単に始めたタイミングが異なるためで、Clipperは開始してから1〜2ヶ月ぐらいしないとキチンと(?)DDまで行かない、という事も分かりますね。


なお、大事な事を言っておきますと、DDは確かに厄介ですが、

  • DDが発生する期間は概してボラティリティが高いため、利益を得やすい
  • DDから抜けだしたら、さらに大きな利益を得られる

というメリットもありますので、DDと上手に付き合うというのが正解です。

特に、DDが発生するようなトレンドの大きな時期にClipperを始めれば、少なめのDDでかつ利益を得やすいんではないでしょうか(保証はできませんがw)


W2C-Clipper レビューと豪華特典はこちら

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る