FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

ミラートレーダーの検証(~2013/11/24):絶不調である。しかし希望はある!

8月の時点でインヴァスト証券のミラートレーダーに切り替えて、
3か月経過しました。

現状の損益グラフを見ていただくことにしましょう。

スクリーンショット 2013-11-24 12.41.16

同じミラートレーダーだし行ける行ける!と思っていたのも10月頭まで。

そこからはズルズルとドローダウンが続き、11月1日に
Geneus Thetaで最大DDを更新して、とどめを刺されました(涙)

そのためGeneus Thetaはいったん停止の判断とあいなりました。

明暗分かれるストラテジー別成績

敗因を知らないことには次の戦略が組めないのはいつでも同じこと。

ですからどこが悪かったのか、修正に向けてチェックです。

スクリーンショット 2013-11-24 12.41.41

最大DDを更新したGeneus Thetaは停止で確定しています。

そしてどう見てもダメだろうとわかるのがAznable++ですね。

とにかく負けトレードが多い。

たまに勝っても収益が少なすぎる。

確かにとどめを刺してマイナスへ転じるきっかけになったのは
Geneus Thetaですが、ズルズルと損失を重ねているのはこっちです。


よってAznable++は11/8付で裁量停止を行いました。

その後の展開を見るとDDが続いているので、結果としては
間違いなかったと言えるでしょう。

※MT4でもAznable++を検証していますが、こちらは引き続き検証中です。損失が出るのは痛いですが(苦笑)。


勝ち組ストラテジーは相変わらず。

安定して稼いでいるのはやはりTidalWaveです。

トレード数の割に利幅が大きいですね。

最近導入したQuickShiftも調子がいいです。

スクリーンショット 2013-11-24 12.45.17

一発のトレードで490pips(この時は評価益)はかなりのハイパフォーマンスですよね。
注:その後、700pips弱の利確となりました(^^y

QuickShiftはGBPJPYのトレードストラテジーです。

過去3か月、直近1か月と成績を見ていただくとわかるのですが
とにかくパフォーマンスが高いのです。

トレード回数が少ないのにこれだけの好成績を収めるストラテジ、
戦略に組み込む価値は十分あると言えるでしょう。

ただしQuickShiftはボラも高く、リスクも大きいので注意が必要です。

今後も引き続き採用していくストラテジーの一つになりそうです。

ミラートレーダー徹底比較

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る