FX自動売買の検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

WallStreet Forex Robot 評価と豪華特典

WallStreet は2014/4から極端にトレードが少なくなりました。既にEAロジックが相場に合わなくなっている可能性があります。購入の際にはご注意ください。
WallStreet Forex Robot banner

WallStreet Forex Robotはこんな人に向いています。

  • 自動売買EAの初心者、これからFXを始めようとしている人
  • 初期投資を抑えて、少額からでもしっかり稼ぎたい方
  • 毎日忙しくてFXの面倒をみていられない方
WallStreet Forex Robotの特徴:

  • 海外製の24時間スキャルピングEA
  • バックテスト、リアルトレードの全てを公開
  • スキャルピングタイプとしては珍しくFX業者をあまり選ばない
  • 「ストップロス狩り」対策など、FX業者対策を徹底している
  • パラメータの自動更新
  • 口座縛りあり。ライセンスにより口座数が異なる。デモ口座は無制限
  • まだ円高、海外EAはお買い得

FXは、世界のどこかでトレードされているという特徴があります。そのため平日の24時間は常に値動きがあり、どのタイミングでもトレードが可能です。

しかし裏を返せば、24時間取引はデメリットでもあります。というのも、裁量(手動)では24時間フルタイムでトレードすることはほとんど不可能であり、利益を取り逃したり、保有ポジションの思わぬ損失につながったりするためです。

そのため、FXの24時間トレードは自動売買に任せるのが最も合理的です。というかむしろ、24時間トレードは自動売買の真骨頂なんです。

そこで、現在たろけん推奨のEAを御紹介しましょう。24時間スキャルピングタイプの海外製EAで、名前をWallStreet Forex Robotと言います。僕は販売ページの内容をつらつらと書いたりするのはあまり好きではないのですが、海外製ということで英語の分かりづらい方の為にダイジェストをお伝えすることにします。

リアルトレードが完全公開されています

WallStreetの特徴を説明する前に、まずは実際の資金による運用(リアルトレード)の様子を見てみましょう。
以下に示す二つのチャートは販売業者が公開しているもので、それぞれWallStreetの標準設定(ただしリスク設定がEURUSD 6%、GBPUSD 6%、USDJPY 3%)、およびリカバリーモードONでの運用結果となっています。

WallStreetの中のEUR33という、比較的安定的なパフォーマンス設定でのリアルトレードライブです。チャートクリックでMyfxbookの詳細ページを開きます。




こちらは同じ条件でのデモトレードライブ、運用ブローカーはAlpari、リカバリーモードがtrueになっています。


このように、リアルできちんと使えること、またトレード結果を全て正直に公開している点で、高く評価できるEAです。WallStreetの販売ページには、様々なトレード結果が掲載されていますので、参考にしてみてください。

なお、たろけんもWallStreetをリアルマネーで運用していますが、販売ページに掲載の結果とほぼ一致することを確認しています。
ただ、FX業者によってかなりパフォーマンスが違いますので、どの業者がいいかは当サイト特典の「FX業者バトル」を参考にして選んでください。

ただし上記販売者が公開しているAlpariは、日本人の口座開設が出来ませんのでご注意ください。

WallStreet Forex Robotの特徴

次に、WallStreetの特徴を見ていきましょう。

パラメーターの自動更新

WallStreet EAパラメータ

WallStreetの販売元が、FX相場のキャラを常に監視しており、キャラの変動に合わせて自動的に最適なパラメータを配信する、というシステムになっています。これは、もしあなたが相場の変動について無関心であっても、勝手にパラメータが最適になってくれるというメリットがある半面、バックテストは固定パラメータのため、厳密にはバックテストと異なる運用となり、メリットとデメリットの両面があります。

ただ一般的に、システムトレードにおいてはバックテスト期間の1/8~1/4程度が、最適化パラメータの賞味期限と言われています。そういう意味では定期的にパラメータの最適化を行っていかなければならないのも事実です。そうしたパラメータが自動で配信され、勝手に更新されるという意味では一定の評価ができます。


急変を回避するニュースフィルター

実は2012年の6月、WallStreetは相場の急変を逃げ切れずに、やや大きめのドローダウンをしています。1日のドローダウン幅としては、今までの中で最大だったため、このときは販売者への問い合わせが多かったようです。

そうした中、販売者が新たなサービスを発表しました。毎月課金型の「プレミアムアカウント」と呼ぶサービスで、相場の急変が予想されるタイミングではトレードを行わない、というフィルターです。WallStreetがバージョン4.5に上がり、ニュースフィルターが標準で使えるようになりました。

実際にたろけんも、このニュースフィルターを検証中です。現在までの結果は以下のとおり。

上は2013年2月27日までですが、実は設定が間違っていたことに気づいて(汗)、Premiumフィルタの役割を果たしていませんでした orz
実は上の一番右の大きなDDはPremiumフィルタが機能していなかったため、もろにDDを食らった結果となっています。お恥ずかしい限りですが、削除するのは僕のポリシーに反するので、曝しておきます(笑)。

で、その後口座を変更しました。下がそれ以降の最新状況です。もちろん、正しく設定してあります。



もともとWallStreetのトレード数が少なく、フィルターのせいでそれがさらに少なくなりますが、より安全に運用できるなら設定しておくのもいいでしょう。


Premiumフィルタはドローダウン後に販売者から素早く提供され、その対応も好印象でした。

さらにバージョン4.4からは、月曜のトレード時間をコントロールすることが可能になりました。詳しくはWallStreet Forex Robot が4.4にバージョンアップ、月曜の開始時間指定可能に。の記事を御覧ください。

このように、必要な機能をすばやく提供する販売業者のようです。発売から2年以上経過しますが、進化し続けるEAとして、評価出来ると思います。


ブローカー対策

ブローカーロゴ

WallStreetは徹底的にブローカー対策を行っています。よく、スキャルピングタイプのEAはブローカーとの相性によって成否が異なると言われますが、WallStreetは多くのブローカーで利益が出せるよう工夫されています。

具体的には、以下のような対策が取られています。

  • WallStreetは平均して10~15pips程度の利益となるように設計されています。そのため、スプレッドが少々拡大したとしても、利益を確保することができます。
  • トレード頻度は1日に1から数回程度で、アグレッシブスキャルピングには相当しません。そのため、ブローカーのブラックリストに載ることはありません。
  • 流動性が高く、スプレッドやスリッページが拡大しないタイミングでしかトレードしません。したがって、変動スプレッドを採用しているブローカーであっても、ほとんど低スプレッドで取引されます。
  • ストップロスを明示しないようにできます。アンフェアなブローカーでは、ストップロスを指定した場合、配信チャートデータを改ざんして無理やりストップさせる、いわゆる「ストップロス狩り」を行うことがあります。こうすることで、ブローカーの手数料と相対売買の利益を得ることが出来るわけですが、このストップロス狩りの裏をかくために、ストップをEA内部で判断して最適なタイミングで成り行き注文を出す「ステルスモード」を持っています。

管理人としては「本気で対策してるな」という印象です。特にストップロス狩りは目で見て分からないため、ステルスモードは管理人もありがたく使わせてもらっている機能です。


サポート力が高い

販売ページにも書いてある通り、サポートに力を入れています。WallStreetのサポートは、確かにしっかりしていると思います。

WallStreet は簡単に使えるようになっているので、戸惑うことはほとんどありません。

でも使いこんでいるうちにいろいろといじりたくなってきて、疑問も湧いてきます。管理人も、もう10回ぐらいサポートに問い合わせしましたが、どれも丁寧な回答を頂いています。もちろん、管理人が使う怪しい英語でも大丈夫です(笑)。

あるとき、質問を送って5分と経たないうちに回答が返ってきたときにはさすがにビックリしました。たぶん、サポートセンターは本国アメリカにあると思うのですが、時差もあるだろうにこのサポートの早さはなんなん!?って思いましたね。

日本の平均的なEA業者よりも、断然サポート力は上だと思います。

海外=サポートがしょぼい、という既成概念をいい意味で破壊してくれる業者です。


バックテスト12年は必要最低限

これは書こうかどうか悩みましたが、この最低条件すらクリアできていないEAが多すぎるので、やっぱり書くことにしました。FXに限らずどんなシステムトレードであっても、入手可能な最も過去のデータから全期間のバックテストするというのが基本です。それはなぜかというと、

  • 直近のデータだけでバックテストすると、カーブフィットの危険性が高まる。

  • 過去のある時点における不具合、例えば許容できない程大きなドローダウンなどが分からない、あるいは意図的に隠されている可能性がある。

からです。全期間バックテストすれば必ず安全というワケではありませんが、逆に全期間バックテストしていないものはほぼ間違いなく危険です。WallStreet はもちろんこの条件をクリアしていますが、ネット上にはこの条件すらクリアできていないEAが結構あります。

例えば、とある人気の高い無料EAも、たったの5年程度しかバックテストしていなかったりします。無料だからという理由だけで、ありがたがって運用するのはとーっても危険なことですが、そういう人を結構見かけるのは残念でなりません。

WallStreet は自分でもバックテストできますので、購入されたら試してみてください。


もう一度言いますが、12年のバックテストはあくまでも必要最低条件です。WallStreet Forex Robotは、当たり前のことを、当たり前にやっているだけなんです。当たり前のことすらできていない、危険なEAに手を出す理由なんてありますか?


WallStreet Forex Robotのリスクと注意点

一見死角のないようにみえる WallStreetですが、リスクもありますので、ポイントをまとめておきます。

  1. WallStreetに限りませんが、24時間スキャルピングのEAの宿命として、EAを24時間正常に稼働させる必要があります。特に上述のステルスモードを利用する場合、EAが稼働していないとS/Lが入らないため、思わぬ損失を被る可能性があります。自宅のPCに不安がある場合は、VPSやお名前.comのWindowsデスクトップなどの手段も検討してください。管理人は、自宅PC+ケータイで手軽に動作チェックできる環境を構築しています。

  2. 口座縛りがあります。シングルライセンスで1つのリアル口座、フルライセンスで3つのリアル口座までで同時に稼働できます。口座申請と解除はメンバーページから瞬時にできるのでほとんど問題はありませんが、口座間のパフォーマンスチェックを行う場合は、フルライセンスを選択してください。FX業者は自由に選べますのでその点は評価できます。

  3. 販売ページに、実リターン数百%と書かれていますが、これは初期資金1,000ドルに対するリターンです。初期資金により数値は変動します。あなたの初期資金でのリターンとリスク(ドローダウン)を計算しましょう。

  4. 当然過ぎて書くのもはばかられるのですが、いくらWallStreetといえ、ドローダウンのリスクはあります。「自動売買=連戦連勝」などという妄想を抱いているなら、購入はお控えください。


当サイト限定特典をプレゼントしています

当サイトから WallStreet Forex Robot をご購入頂いた方へ、以下の特典をプレゼントしています。是非、ご活用ください。


特典WallStreet FX業者バトル

WallStreet FX業者バトル

当サイト人気No1特典!!

「この特典が欲しくて2度買いしました」
「このサイトの顔ですね」

という有難いお言葉を頂いています!


同じ条件なのに、最大で81%もの差を生んだ驚愕の検証結果。WallStreet Forex Robotを

FXDD マルタ
Pepperstone
FXCM Japan
ThinkForex
4XP
Enfinium

の6つのFX業者で$10,000以上のリアル資金を投入して運用。FX業者間の収益を比較することで実際に稼げるFX業者をあぶりだしました。

自分で言うのもなんですが、大変貴重かつ有益な情報と自負しています。利益を保証するワケではありませんが、コレを知らずにWallStreetを運用し、損失を積み重ねてしまってから質問されても、管理人はどうしようもありませんので、ご了承ください。




特典WallStreet FX業者バトル II

WallStreet Forex Robot FX業者バトル II

当サイト人気No1特典の第2弾!!

さらに海外の3つのFX業者について、リアルマネーを投入、WallStreetを実運用させてパフォーマンスを比較しました!


今回新たに追加したFX業者は、海外FX業者の中でも人気のある3つの業者。

IBFX Austraria
IronFX
TradingPoint

です。さらに、ディーリングデスク方式からノンディーリングデスク方式に切り替わったFXCMジャパンを検証対象としました。さあ、これらのFX業者がどのようなパフォーマンスを見せるのか…。特典にてお確かめください!





特典WallStreet FX業者バトル【国内業者版】

WallStreet Forex Robot FX業者バトル 国内業者版

当サイト人気No1特典、ついに国内業者版完成!

リアルマネーを投入して検証するスタイルはそのままに、有名国内業者の並行検証を実施。意外な結果が目の当たりに…。


今回検証した国内FX業者は、以下のとおり。

アルパリジャパン
サイバーエージェントFX
FXトレード・フィナンシャル
アヴァトレード
FXCM
Forex.com

これに比較のために海外業者を一つ加えて、検証しました。6月のドローダウン期間を含んでいますが、逆に貴重なデータがとれました。ご期待ください。




特典WallStreet FX業者バトル 追加生データ

WallStreet Forex Robot FX業者バトル 追加データ

FX業者バトルの検証生データで、FX業者の中身が丸裸に。

リアルマネーを投じて検証した、実際のトレードデータ。第1回目に検証した6業者と、FX業者バトルIIで追加した業者全てのデータの詳細を、自由に利用できます。

どこで、どんな損失や利益が出ているのか?FX業者間のトレード毎の違いが丸裸になっています。さらに利益を伸ばすヒントが、ここにあるかも!?なお、このデータはフルライセンス$489+追加ライセンス$299=$788支払い、かつ海外口座を9つ以上持たないと得られない、それだけコストと手間をかけて得た貴重なデータです。そのため、このデータを1万円で売ってくれ、という方もいる程です。

この追加生データ特典はWallStreetのフルライセンスを御購入頂いた方のみにお渡ししています。このデータの第三者への開示・公開は禁止していますので、ご了承ください。




特典MT4によるFX自動売買 【初級者ガイド】

clipper特典 MT4によるFX自動売買初級者ガイド

MT4の自動売買を始めるときに必須の海外口座開設のポイントと、MT4の安全運用に必須の技をまとめました!

MT4に必須の海外口座開設のポイント
FXDD/ThinkForex/PepperStone 口座開設・入出金
Enfinium 口座開設・入出金
4XP 口座開設・入出金
ケータイでMT4の正常動作を確認する方法
停止してしまったMT4を遠隔地から再起動する方法などなど…

スムーズな取引開始と、効率的で安全なMT4の運営に役立ててください!




特典WallStreet Robot 日本語解説マニュアル

WallStreet Forex Robot 日本語解説マニュアル

英語が苦手なあなたにもできる!簡単・日本語・設定解説マニュアル。

WallStreet のEAインストールからアクティベーションまでの詳しい手順を、豊富な図解で解説します
WallStreetのEAインストール後に必要な、MT4の環境設定。
EAのパラメータを正しく設定するための知識を解説。方法を間違えば、あなたの大切な資金が不必要なリスクにさらされてしまいます!
口座の資金を守りながら、利益を大きく伸ばしていく賢い設定法とは?

このマニュアルを参考にすれば、難しい英語マニュアルを読まなくても簡単に設定が出来ます。たかがマニュアルといえど侮ってはいけません。大切な知識や情報が散りばめられていますので、日本語解説マニュアルで是非理解を深めてください。




特典WallStreet マニュアル パラメータ設定編

WallStreet Forex Robot パラメータ設定マニュアル

パラメータ設定を極めて、さらに高いパフォーマンスを目指す!

たろけんの運用ポリシーとパラメータ
自分の設定が正しいか?確かめる方法
販売業者の設定を盗む方法

WallStreetは度重なるバージョンアップで、当初よりもパラメータの幅が広がりました。一方で、どう設定すればいいのか戸惑う場面も見られるようになりました。このレポートを読めば、単に良いパラメータを知るだけでなく、今後のパラメータ更新にも対応できるスキルも身につけられます。




購入後、特典をお受け取りになるにはこちらのWallStreet Forex Robot 特典お受け取りフォームに必要事項を記入してください。

さて、メリットとデメリットを交えてWallStreetをレビューしてきました。たろけんもリアルマネーで運用していますが、総合的に見てWallStreetは優れたEAです。

特に、自動売買EAが初めての方、初期投資をできるだけ抑えてFXを始めたい方に向いていると思います。

WallStreet Forex Robotの特徴をまとめておきますね。

  • 海外製の24時間スキャルピングEA
  • バックテスト、リアルトレードの全てを公開
  • スキャルピングタイプとしては珍しくFX業者をあまり選ばない
  • 「ストップロス狩り」対策など、FX業者対策を徹底している
  • パラメータの自動更新
  • 口座縛りあり。ライセンスにより口座数が異なる。デモ口座は無制限
  • まだ円高、海外EAはお買い得

よくある質問と回答

購入時に、住所の記入は必要ですか?
特に必要ありません。ただし、EAが入ったCD-ROMが送付されるわけではなく、購入者専用ページからEAをダウンロードしてインストールする方式ですので、入力した住所になにか送られてくることはありません。オンライン決済ですので、クレジットカードまたはPayPalの情報は必須となります。
フルライセンスを購入したいのですが、購入ボタンが見当たりません。
WallStreetのフルライセンスは、シングルライセンスを購入した直後に、差額で購入できるようになります。
したがって、まずはシングルライセンスを購入頂ければOKです。
Wallstreet Forex Robot を日本のFX業者で利用できますか?
WallStreetは日本円の口座でも正しく動作します。したがってパフォーマンスを別にすれば、日本のFX業者でも問題ありません。管理人も日本のFX業者の口座で運用実績があります。ただし、日本の業者はレバレッジ25倍の規制がかかっているため、大きなレバレッジを使った運用はできず、短期間で大きく増やすといったことができません。ロットを増やしすぎるとロスカットにかかる可能性が高くなりますので、ロット数設定にご注意ください。
英語が苦手ですが大丈夫でしょうか?
ここで大丈夫と言い切るのは逆に無責任になってしまいますので、断言は避けます。しかし管理人の印象として、WallStreetを標準的な設定で運用する場合、マニュアルを隅から隅まで読む必要はないと思います。またユーザーページが使いやすいよう設計されていますので、MT4のEAに関する基本的な知識をお持ちであれば、むしろ日本のEAよりも簡単に設定できるとさえ感じます。
口座の制限(口座縛り)とはなんですか?インストールするPCは変更できるのでしょうか?
上にも書いたとおり、WallStreet はあなたが指定する口座に対してライセンスが発行され、運用可能となります。これを俗に口座縛りといいます。あくまでもリアルマネーの運用口座制限であり、デモ口座は無制限に利用できます(ただし申請は必要)。リアル口座は、いつでも何度でも変更できます。
一方、WallStreet をインストールするPCに制限はなく、どのPCでも、いくつでも自由にインストールできます。
一つの口座内でWallStreet Forex Robot と他のEAとを並行運用できますか?
できます。ただし、MaxAccountTradesを、他のEAとWallStreet が建てる合計ポジション数よりも十分大きな値、例えば100とか1000とかにしてください。この値を大きくしすぎても、WallStreet は必要以上に多くのポジションを建てないので、安心してください(販売者に確認済)。
最近のFX相場では、EAで稼げないと聞きました。大丈夫ですか?
投資である以上、絶対100%大丈夫ということはありません。逆に稼げる稼げると連呼しているサイトは眉唾だと考えましょう。大切なのは「長期的に考えて利益を積み重ねていけるかどうか」です。当サイトは十分長期のバックテストと、最低3か月以上のリアルフォワードテストを経たEAのみ、可能な限り長期的に稼ぐ可能性の高いEAを御紹介しています。
EAが作動しません(チャート左上にUpdating settings please,wait............)と1日中出てしまいます。何が原因でしょうか?
そのような症状の場合、MT4を再起動すれば直ることがあるようです。何度やってもなおらない場合は、一度販売者へお問い合わせください。


当サイト限定特典付きで
WallStreet Forex Robot を手に入れる

WallStreet Forex Robot詳細と限定特典


最近、「特典が受け取れません」というお問い合わせが増えております。
当サイト特典を確実に受け取るために、必ず上のリンクからWallStreet Forex Robot の販売ページを開き、ページのURLが
http://www.wallstreet-forex.com/cb?hop=hayafili となっていることをご確認ください。
後日購入される場合も、必ず上のリンクから販売ページを開いてください。

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る