Pepperstoneの口座開設と評価



Pepperstone

国内銀行経由での入出金ができる海外業者は、Pepperstoneぐらいでしょう(注:その後、FXDDもベース通貨が円の場合のみ、国内送金に対応しました。)。その利便性、低コストがウケ、豪州FXブローカーとして実績を伸ばしています。豪州のFXブローカーはリスクが高いと言われますが、Pepperstoneはその中でも信頼性の高い業者と言えます。

レバレッジも400倍まで使え、EAの自由度も非常に高いのが特徴です。

ベース通貨 取引システム たろけんの独断評価
USD / JPY MT4 Forex.com


Pepperstoneを口座開設、評価しました

たろけんもPepperstoneを使ってみましたが、およそ海外口座とは思えないぐらい使い勝手が良くて、既に手放せない状態というところです。Pepperstone本体は日本語化されていませんので、最低限の英語の知識は必要ですが、口座開設までなら日本語サポートを受けられますし、トレード自体はMT4が使えるので、実際のところ、英語で困る場面はほとんどありません。

実際トレードしていると、ちょこちょこ入出金が発生するんですよね。もう少し資金を増やしてロットも増やしたいとか、別の所にお金が必要になってちょっと引き出したりとか。そういう時に、国内銀行経由の入出金ができるというのはホントに助かると、しみじみ実感しました。

オーストラリアの業者は規制が緩く、その分リスクが高いとも言われますが、そこさえ気にしなければ非常にお薦めできる業者であることは間違いありませんね。

あとあまり気づかれていませんが、MT4のバージョン(build)アップは比較的早めなようです。こうした点は地味に評価できますので、最新のMT4に対応したEAを使いたい場合にも、Pepperstoneが良いと思います。新しいテクノロジをどんどん採用し、顧客満足度の向上に積極的な業者という印象を受けます。

Edge口座に新たにWeb Trader

PepperstoneにはEdgeという種類の口座があります。最近口座開設する人は、ほとんどEdge口座になると思います。

そのEdge口座に、Web Traderという機能が加わりました。

Web Trader デモ画面


このWeb TraderはMT4に似た機能を持っていて、為替レートの確認とリアルタイム注文ができるようです。最大の特徴はWEBベースということで、PCの連続運用やVPSのレンタルが不要ということです。

ただ、僕がデモ口座で試してみたところ、自動売買EAの設定などは出来ないように思います。もしかしたら裏技みたいなのがあるのかも知れませんが…。

でも今後のバージョンアップには期待が持てると思います。MT4もいい加減PC上で運用するソフトから脱却して欲しいですからね。WEBベースになればどこからでも、どのOSでも利用できて非常に便利ですし、PCのメンテナンスという、およそトレードとは関係ない雑用からも開放されますから、是非これは進めていって欲しいと思います。


Pepperstoneの口座開設

以上のように、Pepperstoneは海外業者の中でも先進的で前向きなFX業者ですので、口座開設しておいて損はないでしょう。

新規口座開設後、マイアカウントページから追加で口座開設することもできます。





今なら、FinalCashback経由で口座開設するのが一番お得になります。活用してください。




MT4が使える国内FX業者ランキング

MT4が使える海外FX業者ランキング


何か分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

たろけんに問い合わせる

FX自動売買スキルアップ講座(無料)

まだ参加されていない?なら是非どうぞ!

このページの先頭へ