FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

IBFX Austraria 口座開設の全貌

IBFX Australia

IBFX Australia はASIC、すなわち豪州証券投資協会への正式認可業者(認可番号142 210 179)で、親会社のIBFX HLDは2011年11月にマネックスグループ傘下のTradeStationに買収されています。

あのマネックスグループの傘下企業ということで、日本人としてはかなり安心できます。とういうことで是非とも IBFX Australia を使いたい!と思い口座開設にチャレンジしてみたわけですが、これがなかなか手ごわかったです…orz

IBFX Australia の口座開設に関する情報がほとんどなく、試行錯誤するしかなかったのでここに手順を書いておきますね。

IBFX 口座開設の手続きは全て英語


まず一つ目の関門が、IBFX Australiaの口座開設の工程が全て英語だということです。

管理人は既にいくつもの海外FX業者を口座開設しているため、英語であってもほとんど抵抗はないのですが、海外FX業者が初めてという海外初心者さんには、少し敷居が高いかもしれません。

でもまぁ、慣れの問題だけですので、分からない単語はネットで調べながらやれば問題なく行けます。

ってか、IBFXに限らず、海外の業者使うのに英語を怖がっていては話になりませぬ。


公的機関で認証された書類の提出が…


他の海外FX業者は、たいてい免許証のコピーだけで口座開設できるのですが、IBFX Australiaは一味違います。

口座開設の途中で公的認証云々の単語が見えたような気がしたのですが、見なかったことにして(爆)、最初は免許証だけを提出しました。

もちろんあっさり却下。公的認証が必要です、というメッセージが届きます。

メールの中身はこんな感じ↓

IBFX Australiaの公的認証必要メール


右上のおねーさんがかわいいと評判ですが、たろけんもそれに一票(爆)


しゃーないなー、と思いネットを調べると「パスポートのコピーを提出したらOK」という情報があったので、パスポートのコピーを提出。もちろん公的に認証されているわけではないですが、免許証よりも効果は高いと考えたわけです。

こちらもあっさり却下。相変わらず、公的認証が必要です、とのつれないメッセージが(涙)。
相変わらずおねーさんは笑顔ですが、今回は少しばかり怒っているようにも見えます。


これはいよいよ、本当に公的認証が必要なんだな(いやいや、IBFXは最初から言ってますやん)と思い、どうしたらいいか考えてみることに。そもそも、公的認証なんてやったことがありませんでしたから。

で、公的認証の方法についてIBFXのPDFを詳しく見ていたのですが、裁判官やら警察官やら、なにやらコワモテの方々のリストが出てきます。いくら管理人がアグレッシブだからとはいえ、できればお世話になりたくない方々です ><;

ちなみに、Foreign customerの場合と、Australianの場合では全然違います。

オーストラリア人なら、なんとナースの認証でもいいんです!

ナースですよナース。


「IBFXに口座を開くんだ。認証が必要なんだけど、今度付き合ってくれない?」

「認証が必要なんだったら、仕方ないわね。いいわよ。」


オーストラリア人がうらやましい限りです。


さてたろけんは日本人なので、仕方なく外国人のところをよく見てみると、Notary public(公証人)の文字が↓

IBFX 公的認証の方法



公証人なら、公証役場に行けばお会いできます。いろいろと調べていると、近年、パスポートの認証ができるようになったようです。ちなみに、認証さえできればパスポートである必要はなく、他の書類でもいいと思います。パスポートが無いよーって方は、一度IBFXに相談してみてください。

で、生まれて初めて公証役場なるものに行ってみました。
歩いて10分と、意外と近いところにあってちょっと拍子抜けしましたが。


パスポートの認証に必要な書類はこれ↓

パスポート認証


その他、パスポート本体などが必要です。詳しくはお近くの公証役場にお問い合わせを。

で、正式に認証されると、次のような書類がもらえます↓

パスポート認証書類


他にも何枚かセットになった書類になっています。

で。

注意が必要なのは、認証の手数料です。

ななななんと、

11,500円

もの手数料が必要なんです!!!

ウソではありません。本当です。

…ってか、スゴク当たり前のように請求されたんですが。
すごい丸腰で気軽に出かけたんですが、
すっからかんになって帰ってきました。


もしお近くに裁判官や警察官のお知り合いがいるなら、そちらへご相談されるのがよろしいかと。たろけんも、後日警察官のお知り合いがいるのを思い出しました…orz


で。


晴れて認証された書面をスキャンして IBFX にお送りしました♪


なぜか、再度おねーさんのメールが届きましたが
既に11,500円も支払ったたろけんは必死のパッチです。


「公証人のハンコついたやつ、送ったやろ。ちゃんと確認せんかい!(怒)」


っていうメール(※実際にはもう少し丁寧な英語です)をしたら

おめでとうございます、口座開設できました~!
って。


…蕎麦屋の出前じゃないんだから(爆)


多分、いろいろやり取りしてた中で、処理が輻輳してたんだとは思いますが。

ともあれ、これで無事IBFXの口座開設が完了しました。

さらにクレジットカードが…!


よーし、これからじゃんじゃんトレードを始めるぞ!

って思ったら、今度はクレジットカードがバーチャル?電子カード?などといわれ、
最新の請求明細(statement)が必要だと言われました ↓

IBFX、クレジットカード明細必要



どこまでガード堅いおねーさんやねん。

と思いつつ、WEB明細しかなかったカードなので、
住所の部分と明細の部分のスクリーンキャプチャを送ったら

今度はすんなり許可されました。

前回ちょっとスゴんだのが効いたのかもしれません(笑)


IBFX Australiaのメリットって結局なんなん?


やれやれ、そんなこんなで、手間暇かかったIBFXさんでしたが

  • 豪州証券投資協会(ASIC)の正式認可業者
  • マネックスグループ傘下

で、日本人として安心感はかなり大きいです。

また、これだけ本人やクレジットカードの認証を厳密にするということは
逆にいえばきちんとASICの規則にのっとった運用をしている業者ということで
そういう意味でも安心できる業者と言えます。


ぶっちゃけ、ルーズな業者に100万円単位の資産を預けるのは、怖くて出来ませんよね

日本の業者とて同じ事です。
いかに信託保全されているとは言え、入出金手数料やスプレッドは各社自由なわけですから、
どこでぼったくられているか…失礼、どれぐらいコストがかかっているか、分かりませんからね。


その点IBFX Australiaは安心感があります。

日本のFX業者ですら、ここまで厳密にやるところってないと思います。


その上最大400倍のレバレッジですから
国内業者よりも断然メリットが大きいわけです。


あなたもIBFX Australiaの口座開設にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


どうせ口座開設するなら、抜け目なくキャッシュバックを頂きましょう。

USD 5ドル / ロットもらえますが、
IBFX Australiaをお得に口座開設する、現状唯一の方法です。


【ブローカー比較】タブ → 一番下の【IBFX Australia 】 から口座開設してください。


たろけんにも 0.5ドル / ロットのキックバックがありますが
あなたにはなんのリスクもありませんのでご安心を。


IBFX Australiaの口座開設 cashback forex


 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る