FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

エコトレFX(ひまわり証券)のレビューと独断評価

スクリーンショット 2013-09-29 11.52.44




プラットフォーム型FX自動売買の老舗的存在であるエコトレFX。国産のシステムとしては最も古いものの一つに入るぐらいだと思います。

僕も口座開設だけはしていたのですが、MT4やミラートレーダーの検証に明け暮れていたため(笑)エコトレFXの検証が後回しになっていました。

ただ、エコトレFXには独自のストラテジがあり、そうしたストラテジをポートフォリオに入れられるならメリットがあります。

ということで独自にレビュー検証してみました。


まずは基本画面から。

ですが、Google Chromeだと文字化けするのか、画面上部の文字列がロシア語っぽくなっています(苦笑)

エコトレFX初期画面

現在chromeの利用者がうなぎ登りで増えていますので、こういったブラウザ毎の不具合というのは是非対応して欲しいところですね。仕方が無いので今回はMac標準ブラウザのSafariを使いました。


ストラテジの損益曲線のサムネイルが出るのは嬉しいですね。ストラテジが直感的に選び易くなるよう、工夫されています。

スクリーンショット 2013-09-29 15.25.34


一方で、ストラテジ数が少なめです。2013年9月にチェックした時点で、136本のストラテジが用意されています。

まぁ確かに、パフォーマンスの悪いストラテジばかり何百本も集めたところで意味が無いんですが、ミラートレーダーが標準で300本以上のストラテジを用意していることを考えると、少々寂しい気もします。


あと、最小ロットが1万ドルからというのが気になりますね。

ストラテジは異なるロジックや通貨で分散して用いるのが常識で、当然1万通貨でも分散可能っちゃ可能なんですが、1万通貨でストラテジを増やすと推奨証拠金もボーンと増えてしまい、少額から始めたいと思っている人には正直キツイと思います。


エコトレFXを試しに運用してみました

とまぁ、少々(かなり?)辛口のレビューから入ってしまいましたが、結局稼げるかどうか、これが問題なわけです。

1万通過だと、検証用としてちょっとロット数が大きすぎて厳しいので、短期間での検証を試みてみました。

それが、こちら。

エコトレFX実績
(クリックで拡大)


わずか「あした利益になあれ」というストラテジを、わずか10日程度運用しただけですが、たまたま非常に上手く利益が出てくれて、+1.4万円の利益となりました。(^^y

当然、デモなんかではなくて、リアルマネーです。


まぁ、もちろんこんな短期間で出た利益をもって問題なしと言い切ることは出来ませんが、ポテンシャルの一端を垣間見た気はします。


ちなみに「あした利益になあれ」というストラテジは、Offi36がマルチプラットフォームで提供しているストラテジで、エコトレFX以外ではAznable++という名前で利用可能です。

ちょっと横道にそれましたが、Aznable++について詳しくはAznable++の評価と特典も参考にしてください。


ストラテジ毎の設定はできない?

通貨量の変更はできるようですが、個々のストラテジのパラメータ変更はできないようです。

ミラートレーダーやMT4で提供されいているバージョン(Aznable++)ではポジション数やS/L等の変更が可能なのですが、エコトレFXは「あるがままに運用させる」というポリシーなのか、そうした細かなチューニングは出来ないようになっているのかもしれません。

まとめると、エコトレFXは

  • 1万通貨でも可能な方(証拠金30万以上が目安)
  • エコトレFX独自ストラテジを利用したい方
  • 面倒な設定とかは不要な方

が対象になります。

個人的には他のプラットフォームではほぼ全部1千通貨から運用可能であることから、1万通貨単位でしか運用できないのは少々不満に感じます。

ただし、通貨単位についての感じ方は資金量など個人差も大きいので、人によっては全く問題ないと思います。

国産ベースの自動売買プラットフォームであることから、今後も伸びていって欲しいなと思いますね。



 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る