FX自動売買EAの検証

FX自動売買で稼げない理由を暴く!長期で稼ぐEAの検証とレビュー

退職金や年金がもらえないあなたへ。老後のためのFX運用シミュレーション

平成22年度の国民年金保険料の納付率が59.3%となり、過去最低となりました。
こうした状況のなかで


 年金って、ホントにもらえるの!?


という不信感が増幅し、ますます納付率が悪化するという悪循環になっています。

また、パナソニック、ソニーなど日本を代表する家電メーカーが
2兆円近くにのぼる巨額の損失を計上するなど、
大企業といえど1年先は闇。

まして、何十年も先のあなたの退職金なんて
大きな期待をする方が無謀と言えるでしょう。


日本全体が、こんな状況なんです。


だから、
自分の資産は自分で作る!


そういう自己責任が
ますます「当たり前」になってきているのは確かでしょう。


老後に必要な資金は?

週刊ダイヤモンドの2012年5/26号に、
「資産運用の鉄則」という特集がありました。

詳しい計算は週刊ダイヤモンドに譲りますが
年金、退職金がもらえると想定したとしても
60歳までに3000万円作る目標となっています。

年金、退職金がもしもらえないとしたら、
それこそもっともっと、必要になります。

これだけの資金を、どうやって作ればいいんでしょうか。


複利を使って時間を味方に付ける

運用の王道、複利。

複利を利用し、長期で運用することで
お金は大きく増えていきます。

お金を増やすには、あなたが働くのに加えて
お金にも働いてもらう必要があるんです。


複利運用グラフ
このグラフは、毎年10%の複利で運用し、
60歳のときにちょうど3000万円となる場合のグラフです。

で、この条件の時に
各年齢の時に必要な資産額は以下のようになります。

20歳

663,000円

30歳

1,719,651円

40歳

4,460,332円

50歳

11,568,954円



リスク対処のスキルによって違いますが、
毎年10%というのは一般に結構リスクを伴う利回りです。

ただ、このグラフは利回りだけを考えており、
運用途中の積立額などを考慮していませんので
実際にはもっと少ない利回りでも目標達成は可能でしょう。


こうした利回りを達成するのに必要なのは
適切なポートフォリオを組むこと。

雑誌では、いわゆる古典的証券のみで
ポートフォリオを構成しているようですが、
現代の資産運用でFXを外すのはいかがかと思います。

ちなみに、日本の株式相場、特に日経225採用企業は
近年為替変動との相関が強くなる傾向があり
インデックス株式投資の場合、
実はFXと同等の投資をしているとも言えます。

そんなことをするぐらいなら
手数料の安いFXの方がスマートです。



当然、リスクもありますので
FXに全額ポンというのは無茶です。

ですが、株式や債券に加えて
FXをポートフォリオに組み入れることで、
年10%のリターンも決して夢ではありません。


 FXはハイリスクで博打に決まってる


なんていう、色眼鏡でしかFXを捉えられないのなら
あなたの老後も視界不良になってしまいますよ。


コツコツタイプの資産運用も可能な自動売買EAをお探しなら
W2C-Clipper をおすすめします。

W2C-Clipperなら、確定利益ベースで
年利40〜50%ぐらいは十分射程圏内です。

仮に、あなたの全資産の20%をW2C-Clipperで運用したとして、
年利50%を達成すれば、全資産の利回りは10%となります。

 たったの10%ですか?

ってツッコまれそうですが、
老後の資産をそんなにリスクに晒すわけにはいきませんので
これぐらいがちょうどいいんです。

資産の20%なら最悪ゼロになっても、いくらでも再起できます。

どうしてももっと利回りが欲しければ、
FXへの投資を増やせばいいでしょう。

コツコツ資産を増やすなら、W2C-Clipperで決まりです。


W2C-Clipper レビューと豪華特典はこちら

 

分析レポート(無料)

インタビューを受けました

インタビューを受けました。詳しくはたろけんのプロフィールからどうぞ。

自動売買 初心者さんへ

FXの自動売買の初心者さんへの基礎講座。EAの選び方や業界のウラ話など、ちょっとヤバい話も交えて。

自動売買EA 検証リスト

FXの自動売買EAの検証です。リアルマネーを使った継続的な検証結果を公開していますので、EAの挙動が手に取るように分かります。

TOPへ戻る